読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monochro9's diary

9 inch monochrome blog

パソコンも、サポート期限がマシンの寿命ってこと

 スマホもそうだけど、ネット接続する機器は、サポート終了が機器の寿命みたいなところがあって、「長持ちするものを選ぶ」っていうかつての常識は通じない状況なのだね。いつの間にか。
 それもあって、パソコンの買い替えをそろそろ検討中なのです。Late2007のMacBookと2006年に買ったWindowsXPのFMV。そろそろMaxOSX Lionのサポートが切れそうだし、WindowsXPは来春にサポート切れるけど何らかのWindowsパソコンは自宅に必要だし。

 新しいパソコンを買う上で昔みたいに「高いけど長く使えるものを買おう」っていう意識は邪魔になるなぁ、と感じ始めてます。
 5万円くらいでもメーカーによっては新品が買えるし、たぶん自分の使い方なら5万円のノートパソコンでも十分間に合いそうなんだけど、どうも安いパソコンは信用おけない気がしちゃって、頭が拒否るんですよね。


 意識改革のつもりで、少し頭の整理を・・・。

 高いパソコンはいらない装備が多いよな〜。
 パソコンを机で使ってて画面へのタッチは使いにくいだろう。手を伸ばして画面のタッチばかりしていたら、肩が痛くなりそう。
 AppleはパソコンにDVDドライブの装備を止めたので、今後は他のメーカーも追随するはずだよな〜(長いことAppleの採用した方式が後々のIT機器の標準になってますんで、きっとそうなるはず)。なので内蔵の外部ディスクがブルーレイかDVDマルチかなんて、どっちでも良い話だな。ネットさえつながれば、必要ない装置になってゆくはず。
 CPUの処理速度って、わけわからないよな〜。今のCeleronって、どのくらいの能力があるんだろう? 数年前の最新CPUより上だ、と聞いたことがあるぞ。


 サポート期限が切れないうちだけ使えればいいパソコンを買う、ってのがこれからの正解なはずなんだよな。パソコンは5〜6年で買い替える、って決意するのがベストかな。