monochro9's diary

9 inch monochrome blog

グラフィックドライバが原因でUbuntu立ち上がらず

先日、といっても少し前なんだけど、普段仕事で使っているSONYのVAIOノートのOSであるUbuntu12.04でnVIDIAのグラフィックドライバ関係のアップデートがかかりました。パソコンを再起動させると、立ち上がらない状態に。実際には、デスクトップ画面が表示できなくなってしまいました。
Ubuntuを使い始めて半年経ちますが、いまだ素人である僕は対処の仕方がわからず、ネットで調べてあれこれやってみたものの歯が立たちません。結局、再インストールするはめに。

で、再インストール後にいろいろ設定を変更していて、不用意に、グラフィックドライバーを初期値のnVidea-173から「推奨」となっていたnVIDIA-304に変更したところ、またまたクラッシュ!
このパソコンでは、古いグラフィックドライバーのまま使い続けるのが正解だったみたいです。

災い転じて、再インストール作業にもだんだん慣れ、クリーンインストールしても仕事で使えるまでもっていくのに2時間かからなくなりました。これならトラブル発生時に対処方法をあれこれ調べて時間を費やすよりも、クリーンインストールをしてしまったほうが手間がかからず確実だな、と再々インストールをしながら思いました。
(そのためには、貴重なドキュメント類はバックアップを随時取るようにしておく必要がありますが。今の時代は、クラウドのバックアップサービスが便利かも)

PCに詳しくない人にも使い勝手が易しくなったと言われるLinux系のOSだけど、ちょっとしたトラブルってのはWindowsMacOSの比ではないくらいに多いので、やっぱりまだまだ一般に普及できるものではないかな、とも思いました。周りの知り合いに自信をもって薦めることはできませんね。(薦めたが最後、トラブル対応が全部僕に降り掛かってくることは明白です)

ちなみに、トラブルの元となったアップデートがかかったのが2014年1月27日で、数日後にまたnVIDIAのグラフィックドライバーのアップデートがかかったので、もしかしたら今はもうトラブルは発生しないのかもしれません。

 

(追記 2014.5.14)

 

 追加ドライバーとしてnVIDIA-173をインストールして使っていたんだけど、LibreOfficeを使っててスクロールしてゆくと罫線が消えてしまったり、いまいち表示が不安定だったのですよね。で、思い切って追加ドライバーを削除してみました。そうしたら、表示の不具合が直ってしまいました!

 

 「nVIDIAのグラフィックが入っているPCなので専用の追加ドライバーを使った方がいいんじゃないか」、と考えてドライバーを追加していたんだけど、どうやらそれが裏目に出ていたらしい。なんだよ!って感じです。

 Ubuntuデフォルトで使うのがいいみたいですね。